いつまでも夢追い人 鮮魚ポルシェ

** ニコ生放送: http://com.nicovideo.jp/community/co411585   ** Twitter https://twitter.com/sengyoporsche

Tokyo Time
.     
FX初心者の入門講座
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

_Sengyo Porsche

Author:_Sengyo Porsche
何処まで続けられるか判りませんが
為替市場を熟知していらっしゃる
方から今後取り組もうと計画されて
いる方々まで、誰もが参加できる
ブログになればと思っています。

Categorize
New Article
New TrackBacks
Monthly Archives
Links
FC2 Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR Code
QRコード
TOP > マーケット 雑感

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそり内輪で   2010.10.12

.
.

鮮魚のブログにご訪問頂いている、ちゅっちゅの皆様。


最近ネタ不足で更新が滞っており、大変申し訳ございません。

さらに追い打ちをかけるように先週日曜日から、私の使っている
プロバイダーが某巨大掲示板の規制対象となり、カキコも出来ない
状態となりました。

現在身動きが取れない環境に陥ってしまったこともあり、
暫く自分の BBSで内輪の参加者の方々とトレードを工夫しながら
スキル向上に励んでみたいと思っています。


ご理解の程、宜しくお願い致します。

.
.
スポンサーサイト

まったりとした日曜日の夜に   2010.09.12

.
.

まったりとした日曜日の夜に、お奨めビデオです。

LTCM破綻 (1998年9月18日)、ブラック・マンデー (2004年10月18日)、
リーマン・ショック (2008年 9月15日)など、世界的な金融危機は
そのほとんどが 9,10月に集中して起こっています。

たまには過去を振り返りその流れを知るのも、大事なことかも知れません。
少し面白いビデオをピック・アップしてみました。
 
お時間がございましたら、お楽しみ下さい。


* ドバイ特集 1&2

    20100912_Video_1     20100912_Video_2
        [ こちら ]             [ こちら ]



* 日本と世界の金融危機の変遷 ハゲタカより

          20100912_Video_3
              [ こちら ]



* 「ハゲタカ」 サントラ (高音質)

          20100912_Video_5
              [ こちら ]


* 2004年当時の日銀介入の疑似アニメ化

         20100912_Video_4
              [ こちら ]



よい日曜日の夜をお過ごし下さい。

.
.

大海からボラが消えつつある   2010.09.04


.
.
つい2週間ほど前のことでしょうか、関東地区では猛暑の影響で
サンマ一匹の値段が一時的に千円を超す、とんでもない価格になりました。 
現在は落ち着き 150~250円の正常値に戻りましたが、さすがにいつまでも続く
亜熱帯地域のような気候に、このまま日本も逝ってしまうのではないかとの
錯覚に陥ってしまいそうです。
20100814_Summer
そのうち大海からマグロやサンマが消え、そしてボラまでも絶滅して
しまいそうな現環境。  あれ、なんでボラが含まれているんやねん?


そうなんです 世界の金融市場という広いフィールドから、ボラ いや
「ボラティリティ」という価格変動の大きな波が徐々に小さくなるような
現象が始まりつつあるような気がします。



      20100907_JPM

今週 8月31日、JPモルガン・チェースがプロップ・トレーディング部門の
(プロップ・トレード = 会社の自己資金で行う株式・債券・為替などの売買)
閉鎖を非公式に発表
しましたが、後を追うように どうやらあの著名投資
銀行である GS (ガソリン・スタンドではありませんよ) ゴールドマン・サックス社も
プロップ・トレードを廃止にする方向にあると本日 Bloomberg社が報じています。



これは2008年に起きたリーマン・ショックを2度と経験しないよう、
現オバマ政権が強化を入れた経済再生諮問会議の議長に任命した
ボルカー前FRB議長が提唱した「銀行の規制強化」が影響しています。

20100907_O_V_1



ボルカー経済再生諮問会議議長は今年 3月、「米国内商業銀行に
規制を加えなければ、いずれヘッジ・ファンドと化してしまうであろう」
と述べ、
商業銀行に託す預金者の保護に乗り出したことで、ジワジワと金融市場に
効き始めたようです。
このボルカー銀行規制に関してはググると沢山出てきますので、
興味がある方はそちらで検索して下さいね。



さてこの銀行規制は、今後どのような影響をもたらすのでしょうか。


    20100907_Good_1


GS社は 60~70名に当たるプロップ・トレーディング部門従業員の
縮小
を考えているようで、これは世界の各拠点にも影響。 例えば
同社ホンコンのプリンシパル・ストラテジー部門に在籍していたモルガン・
ツッエ氏は退職し、小さなヘッジ・ファンドを設立予定
。 その他職員も
いずれ同様の道を辿るのではないかとBloombergは報じています。


まぁこんなことは我々一般庶民にとってどうでもいいことですが、
恐らくこれからの世界の金融市場に影響してくるかも知れません。

米国はもとより、英国も国内銀行の規制強化に乗り出しています。
日本では銀行規制まではまだ及んでいないものの、今年 8月から
外国為替証拠金取引のレバレッジが、最高 50倍に制限。 
来年8月からはさらに縮小され 25倍となります。
お隣韓国でもこの証拠金倍率が昨年 50倍から 20倍へと引き下げ
られたようで、世界各国で各種の金融規制強化が始まりつつあります。


金融規制強化は参加者の減少や投資資金の制限をもたらしますので、
株式・債券・外国為替市場の動きを狭めることに繋がることは
間違いないでしょう。 

日本でも 8月の規制強化以来、ミセス・ワタナベと呼ばれている
主婦層からのFX市場への参加が頭打ちと聞いていますし、個人投資家の
FX取引量減少でドルの買い支え要因が少なくなり、更なる円高傾向の
要因の一つになっているのは、如実に今のドル円レートに繁栄
しているのではないでしょうか。


20100907_Chart_1


2015年あたりに市場から、「おっ、今日のポン円はすごいなぁ、
50 pipsも動いたのか。 久方ぶりに大きな波に乗れてラッキーだった。
でも 2,3年前は 3円くらい動いたときもあったんだぜー」というような
コメントが聞こえてきそうな予感。


来年から証拠金倍率は 50倍から 25倍へと半減。
何とか少しでも稼ぐことが出来る期間は、残りわずかかも知れません。

利益ゲットに見合うにはおこがましいですが、少しでも皆さんに
利が乗るような情報提供が出来ればと思っていますので、
引き続き 夢のとびら で宜しくおながいします。


良い週末をお迎え下さいね。


PS : 私的通信で済みません。
   ミセス・ワタナベさんのようなあねさん、ウフフ了解です。 
   カキコで夏休みも終わってしまいました。
   来週から現場復帰しますので、またいろいろと教えて下さいね。


.
.

8月 30日のマーケット   2010.08.30


.
.

(1)
* 歳出が歳入の 2倍に達している財政状態。 
* 与党は党首争い。
* 景気立ち上がりの糸口さえ見えず。
* 追加の量的緩和をしてみても、キャッシュは日銀から各金融機関に流れ、
  国債購入へと回るだけ。 10年国債の利回り低下が顕著ですよね。
  結局民間にはほとんど回らず、再び国庫か日銀へと還流。 
* 場南紀議長は追加緩和策も示唆。
* トリシェECB総裁は、日本の失われた10年を力説。

浦島太郎の玉手箱は、煙しか出ませんでしたね。
ちょっと冒険してみましょうか。

133.01S   ただし怖いので Stopは浅く133.15   Limit未定。 (07:32 am)

とりあえず、一週間のスタートです。


(2) どうやら 7時半に付けた 133.05で本日の高値を付けたと
   見ているのですが、思い違いでしょうか ?  
   もちろん2時半の会見で高値更新も、まだまだ考えられますが... (08:50 am) 

(3) 133.15 Stop ヒット。 ▲ 14 pips。 こりゃ下値がちがち。
  しょうがないので会見まで様子見です。 
  今日はロンドン祝日でしたね。  長い一日になりそな予感。(09:17 am)

(4) 133.54S  Stop広目の 134.00
   さあ4時間足200EMAを抜いて、好きなようにしてくらはい。 (11:21 am)

(5) 欲張ることなく、ここで決済 (半分だけ) 132.54C  + 100 pips
   しらかわサンの帰国が一日早まった理由、ようやく理解できました。 (12:57 pm)

(6) ポジションが軽くなった分、再度ショート 132.52S Stop 132.85
limit 131.80




.
.

8月10日のポン円の動き   2010.08.10

.
.
本日の東京市場は久方ぶりにポンドの大幅下げが見られ、朝から約6時間
下値トライ一方の展開となっています。
ここでちょっと気が付いたことがありますので、ピックアップしてみますネ。

30分足でのチャートをベースに見続け、気になったこととして、


1) 朝の急落後その後から出るローソクは全て陽線で始まってます。
  ところがローソクの時間代わりをする 3 ~ 5分前に急に下げ始め、必ず陰線
  ローソクで終えています。 (12:30 - 13:00時の陽線を除く)


2) 上ヒゲが長い陰線ローソクが続いているのは、いかにもこれから上げると
  見せかけて、ロングを誘いながら下げていく騙しの連続。

3) 必ず AUD/YENから下げ、EUR/YEN さらにGBP/YEN と、3秒程度のタイム・ラグを
  作りながら売り込んでいますので、AUD/YENのグッと押した下げが見えれば
  直ぐGBP/YENの下げを誘発しています。

4) 30分足で 5EMAを明確に抜け切ったローソクが一つもない (ヒゲの部分を除く) ため、
  ローソクの胴体部分が 5EMAにタッチした時にショートしても、十分間に合うのでは
  ないかと思っています。

5) 今日仕掛けているやからは、しつこい。 かなり資金量のある投資家と
  考えられ、恐らく CTA系の HF (彼らは結構時間をかけてトレンドを作るため、
  注意が必要かも知れません。) ではないかと推測します。

6) 下げの火曜日


間違えているかも知れませんが、ちょっと気が付きましたので明記してみました。


いつもどおり、投資は自己責任でお願いします。
.
.

  

今週は、お試しトレードに徹します   2010.01.05

.
.

年末年初のドル円の動きが読みづらく、意識的にポン円のディールを
まだ始めていません。 また昨日も書きましたように年末に急騰した
ポンドルは、年初から下げに入るのではと推測したのですが、再度
大きく上げてから落とすとは予想外でした。

昨日のマーケットは、比較的読みやすい動きだったのではないで
しょうか。と言いつつも、大きな失敗をやっちゃいました。

チャートを見て頂ければお判りになると思いますが (黄色のサークル)、
底値を示す下に長い同じ長さの陰線と陽線。 
また天井でも上下に長い十字クロスのような陰線のあと、意識的に
持ち上げた陽線がその前の陰線のヒゲを超えず、ガラの発生が
予知できたこと。
さらにその後発生した天井でも、上に長いひげを付けた陽線が
前のローソクのヒゲを抜けきれなかったことで、再度の下落を
読み取れたと思います。

100105_Chart



昨日のエントリーは 2回。 ポンドル 1.6150 でショートをしましたが、
その後の急騰であえなくストップ。 1.6060 の底に並んだ 2つの
下ヒゲの長いローソク足を見て、利食いを悩んでいる最中にポンドは
急上昇。 この時点で利がそれほど乗っていなかったことや、あまりの
急騰に買い戻しをためらい身体は動かず、いや動けずが正解。
チャートの発するシグナルは感じたものの、へたれディール第一号と
なってしまいました。 あー、山ほどの反省点ばかり....。


夕刻再度売り場探しを画策。 急騰後のガラ発生途中でそれほど良い
エントリー・ポイントではなかったのですが、1.61844でポンドルを
再びショート。 途中リバウンドがあったものの、上抜けしそうも
なかったためぐっと我慢。 ストップにも余裕があったことで、
翌朝まで放置し、何とか 1.60997 でショート・カバーに持ち込めました。
と言いつつも、モヤモヤ感一杯。



一週間ディールを控えていたこともあり、勘が完全に鈍っています。
今日もポンドルの戻り売りに徹するか、お試しでポン円を手がけて
みますか !  

なんせ売りの火曜日でっしゃろ。

.
.

途中経過   2009.11.12

.
頭が重そうなので、 16:30時~17:00時の展開まで、
S ポジションをそのまま引っ張ります。 
(リハビリ中なので、自信はいまいちですが......)

離隔   2009.11.10

思った以上に強いので 149.483円で離隔しました。
また次のチャンスを狙います。 ご報告まで

ローソク足に   2009.11.10

.
下ヒゲ 2本出ていますが、新しい方が下値を更新していますので、
まだ大丈夫かと....
.

多くのカキコですみません   2009.11.10

.
ユーロも対ドルで 1..5000 を付けてから反落中。
ただユロポンは勝ってますので、ポンドの足取りはいまいちかも。
ポンドルは戻しているものの、いまいち力強さが感じ取れません。
最後はドル円のレンジのみだと思います。
さて、続きは 16:30~17:00時の人へと引き継がれるようです。

もう一つ、明日インフレ報告書の発表ですので、ポンドの突っ込み
場面があれば、Longも良いのではないかと思います。
リハビリ中のヒロシです。
.

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。