いつまでも夢追い人 鮮魚ポルシェ

** ニコ生放送: http://com.nicovideo.jp/community/co411585   ** Twitter https://twitter.com/sengyoporsche

Tokyo Time
.     
FX初心者の入門講座
Calendar
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Profile

_Sengyo Porsche

Author:_Sengyo Porsche
何処まで続けられるか判りませんが
為替市場を熟知していらっしゃる
方から今後取り組もうと計画されて
いる方々まで、誰もが参加できる
ブログになればと思っています。

Categorize
New Article
New TrackBacks
Monthly Archives
Links
FC2 Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR Code
QRコード
TOP > 2010年02月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイ・ワールドの今後   2010.02.14


.
.

最近再びドバイ・ワールドの債務支払い懸念が、表面化しつつあります。
2月12日のロイター記事を参考に、ちょっとまとめてみました。
ご参考までです。


「 ドバイ CDS (債務保証料) 急騰。 ドバイ国債は投げ売り 」


ロンドン (2月 12日 ロイター) 金曜日ドバイの債券発行などに必要な
債務保証料が、2ヶ月半ぶりの水準まで急上昇 (必要コストの増加) した。
それに平行し、ドバイ国債の利回りも急騰 (債券価格の急落) 。 
これは来たるドバイ・ワールド社の債務返済計画に不透明感が強くなって
きており、資金の貸し手が急いでヘッジに向かったことに起因している。

5年ドバイ国債2014年償還は激しい売り圧力を浴び、86.50円 (分かりやすいよう、
あえて円表示を使っています。) と、過去最低価格を記録。 一日で
▲ 2ポイントの価格下落を見せ、利回りは 0.5 %上昇。その最終利回りは
約 10.0 % となった。

「色々な噂が飛び交い、どれが本当のことか判らず、ドバイ国債は売り一色
だった」とロンドンのトレーダーは語っている。


ドバイ・クレジット・デフォールト・スワップ (CDS - 債務保証料は一時
660べーシス・ポイント (6.6 %) にまで跳ね上がり、その後落ち着いたとはいえ
640 bp の高水準で引けている。

++++++++++++++++++++++


(ちなみに下記は 2月初旬の各国の CDS-債務保証料 気配です
これは鮮魚が追加しています)

・ギリシャ  △250%+α
・ポルトガル △217%
・フランス  △122%
・スペイン  △111%
・アメリカ  △100%
・日  本  △ 95%


****************************

このドバイ保証コストの急上昇は昨年 11月にドバイ・ワールドが
総額 220億ドルの返済一時停止を発表した当時と同水準まで再び上昇。
ここ数週間売り圧力がづっと続いており、2月初旬からすでに
150 bp (1.5 %) も上昇しているという。


昨年 12月、アブダビが 100億ドルの緊急融資をドバイに実施したことで
2011年償還のドバイ・ナキール社債 (ドバイ・ワールドを開発をした
ドバイの不動産会社 Nalheel社) の利払いは滞りなく完了したものの、
今後の動向が不安材料となっている。 同社 社債価格は金曜日だけで、
前日比 ▲ 1.5 ポイント (1円50銭) の下落となった。

さらに不安を煽ったのは、ドバイ地元紙である Al-Ittihad紙が、
「ドバイ・ワールドが銀行シ団に対して再び 6ヶ月の債務返済停止を
持ちかける予定」だと記事にしたことだ。
ナキール社は 今年5月の変動利付債償還のために、2月末から9億8千万ドルの
資金調達が強いられている。


一般投資家や関係者は、世界の資金需給関係が不安定になっていることも影響し、
ドバイ問題に関してはパニックに陥っている。 ドバイが、償還金や利払い
などを何事もなく履行してくれることを望んでいるのみだ。
ただドバイ・ワールドはこの件に関し、現在何らコメントを出していない。

アナリストによると、リミットレス社 (Limitless社-ドバイ・ワールドの
子会社) は今年 3月末までに、イスラム債償還 12億ドルの資金調達をしな
ければならないが、今後銀行シ団との早期債務再構築交渉次第ではなかろうか。

現在ドバイ・ワールドと関係を持っているのは、世界で 18行がシンジケート団を
組んでおり、そのメインが中東・アジアそして欧州諸国の銀行が主となっている。

(英国内の各著名銀行がもっとも関わりが深く、日本では三菱東京 UFJ銀行がその
代表を務めることになったのは、皆さんよくご存じの所です)

仮にドバイ・ワールドが支払いをすることが出来なかった場合、デフォルトに陥る
可能性をテストされることになるのではないかと、関係者は述べている。


ということらしいです。 

昨年11月、ドバイ問題で大きく荒れたクロス円。
来週ポンドの売買に、少し気をつけなければならないかも知れませんね。

.
.

スポンサーサイト

日足フィボナッチ   2010.02.08

.
.

日頃通貨ペアでその売買手法がもっとも難しいと言われているポンド円。
方向性が掴めず困惑するときばかりです。
そこで皆さんがよくご存じのフィボナッチ・リトレースメントを作って
みましたのでご利用下さい。
ただこの数値どおりにマーケットが反発もしくは下落するものでは
ありませんので、あくまでも目安としてご利用下さい。


作成方法は、下記のようにしています。

1. 「日足」と「週足」で見た 2種類のフィボの値を掲載
2. 過去の最高値と最安値を明示
3. 各値は、「直近」と「長期」の 2種類があります。「直近」とは、
  ここ最近の動きの最高値と最安値のレンジ、また「長期」は
  長期視野で見た最高値と最安値レンジを計算したフィボの値と
  なっています。 その場合、過去の最高値と最安値を必ず明示
  していますので、そちらをご参考にして下さい。


繰り返しますが、「日足」から計算したフィボと「週足」から計算した
フィボの 2種類を掲載していますので、混同無きようお願い申し上げます。



ご自身のチャート画面に、下記の数値を元に水平線を引いてみませんか?
ものすご~く面白い現象が、きっと見えるはずです。



【日足フィボナッチ 】


* 【 日足 】 を基準値としたフィボナッチです。なお下げ局面ですので
   最高値を 0.0 %、最安値を 100.0% で計算しています。

  ( 計算時: 2010年02月05日、終値 )



 「 日足フィボナッチ 」  『 直近 』 レンジ  
(最近の短期トレンドで、下げの始まった「 日足 」を基準としています)

2010年01月20日の最高値 : 149.25円
2009年01月25日の最安値 : 138.24円


. %
161.8   156.05円
138.2   153.46円

100.0   149.25円 ← (2010年01月20日の最高値)
078.6   146.89円
061.8   145.04円
050.0   143.75円
038.2   142.45円
023.6   140.84円
000.0   138.24円 ← (2010年02月05日の最安値)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


* 「 日足フィボナッチ 」 『 長期 』 レンジ  
  (歴史的な長期トレンドで、下げの始まった「日足」を基準としています)


2009年10月23日の最高値 : 153.22円
2010年02月05日の最安値 : 138.24円


. %
161.8   162.48円
138.2   158.94円

100.0   153.22円 ← (2009年10月23日の最高値)
078.6   150.01円
061.8   147.50円
050.0   145.73円
038.2   143.96円
023.6   141.78円
000.0   138.24円 ← (2010年02月05日の最安値)
.
.

週足フィボナッチ   2010.02.08

.
【週足フィボナッチ 】


* 【 週足 】 を基準値としたフィボナッチです。
  現実路線からはかけ離れていますが、下値の目処にでも...
  なお下げ局面ですので最高値を 0.0 %、最安値を 100.0% で計算しています。

  ( 計算時: 2010年02月05日、終値 )



* 「 週足フィボナッチ 」  『 直近 』 レンジ
  (最近の短期トレンドで、下げの始まった「 週足 」を基準としています)


2009年08月02日の最高値 : 163.07円
2009年01月25日の最安値 : 120.21円


. %
161.8   189.56円
138.2   179.44円

100.0   163.07円 ← (2009年08月02日の最高値)
078.6   153.90円
061.8   146.70円
050.0   141.64円
038.2   136.58円
023.6   130.33円
000.0   120.21円 ← (2009年01月25日の最安値)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


* 「 週足フィボナッチ 」  『 長期 』 レンジ  
(歴史的な長期トレンドで、下げの始まった「週足」を基準としています)


2009年07月20日の最高値 : 215.87円
2009年01月25日の最安値 : 118.81円


. %
161.8   275.85円
138.2   252.95円

100.0   215.87円 ← (2008年07月20日の最高値)
078.6   195.10円
061.8   178.79円
050.0   167.34円
038.2   155.89円
023.6   141.72円
000.0   118.81円 ← (2009年01月18日の最安値)

.
.

バーナンキ連銀議長、、「信用が収縮している」 だそうです   2010.02.04

通常でしたら今日はアゲアゲの木曜日で認識されるのではと
思いますが、ちょっとご注意を。


米国ではバーナンキ FRB議長が再任されましたが、その就任式で、
「米国連銀FRBが抱える課題は非常に大きい」と述べ、

「米経済の回復に勇気付けられているが、失業率が高すぎるほか、
信用が収縮している」

と、非常に気になるステートメントを残しています。
要は日本のバブル崩壊後と同じという意味だと思います。
連銀議長として言ってはいけない、「信用が収縮している」
という言葉を、とうとう使ってしまいました。


個人や商業用不動産価格の下落が未だ止まらず、Citi や
JP Morgan などの商業銀行が保有する評価不要の CDS などは
市場でいくらで売れるか判らないパンドラの箱状態。
FRB は各機関投資家から債券を買い取るだけ買い集め
(これは BOEも同じ) 紙幣を市場にばらまきましたので、
行き場のないお金が株式や金・原油などの商品市場に流れたのは
すでにご承知の通りです。


昨日の場南紀議長のコメントは、「ちょっと待っちくれい」
と言いたくなるフレーズ。 この重要性を受け止めてか、
今日朝 午前 4時頃から米国株価はやや反落、ユーロや
ポンドの買い戻しにつながりました。


場南紀議長は、何を言わんとしたのでしょう?
「米国は ほとんどダメポ。 立て直すまで、時間がかかるべ」
ではないでしょうか。 


鮮魚の個人的感想で恐縮ですが、

1. 米国金利はインフレが顕著に見えるまで、当面上がらない。
2. 信用不安は未だ続いている、いやむしろ悪化している
3. ドルが現在強いのは、それぞれの欧州諸国が同じような
.  問題を抱えている。 特に財政赤字が許容範囲を超えた
.  国が多く、例えば昨日今度はポルトガル国債が大きく
.  売られています。 買うもの無いのでドルでも買っておこう
.  と行ったところでしょうか。
4. 米国失業率の改善は、直ぐには難しい。

などが上げられると思います。 昨日円は大きく売り込まれた
ものの(ドル円のオプションがあったようですね)、この場南紀
発言から反発。 財政赤字が過去最大の日本だというのに、
どういう訳かまた「安全通貨」としてのシナリオが出始めて
いるのかも知れません。


本日未明の場南紀発言 記事です。



本日はアジア各国の株価動向、さらにドル円の推移にご注意ください。
恐らくユロドルやポンドルは安いといえど信用不安のシナリオが
出始めると、さらなるドル買い他通貨襟に繋がりますし、
株価動向次第で不安定になることもあり得ます。さらにドル円の
先行きがどうなるのか、読みづらい一日になるのかも知れません。

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。