FC2ブログ

いつまでも夢追い人 鮮魚ポルシェ

** ニコ生放送: http://com.nicovideo.jp/community/co411585   ** Twitter https://twitter.com/sengyoporsche

Tokyo Time
.     
FX初心者の入門講座
Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

_Sengyo Porsche

Author:_Sengyo Porsche
何処まで続けられるか判りませんが
為替市場を熟知していらっしゃる
方から今後取り組もうと計画されて
いる方々まで、誰もが参加できる
ブログになればと思っています。

Categorize
New Article
New TrackBacks
Monthly Archives
Links
FC2 Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR Code
QRコード
TOP > スポンサー広告 > 2013年、ECB理事会 他スケジュールTOP > 各国中央銀行 政策決定会合 日程 > 2013年、ECB理事会 他スケジュール

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年、ECB理事会 他スケジュール   2012.12.24

.
.
   
 Euro.gif * 2013年、欧州中央銀行  
                     理事会スケジュール
 
夏時間20:45 PM-22:30 PM 17:00 PM
冬時間21:45 PM-21:30 PM 18:00 PM
  
月 日理事会日程
 政策変更あり
理事会日程
(討議のみ)
ECB総裁
記者会見
金融月報
公表
2013年
01月01月10日(01月24日)01月10日 01月17日
02月02月07日(02月21日)02月07日 02月14日
03月03月07日(03月20日)03月07日 03月14日
04月04月04日(04月18日)04月04日 04月11日
05月05月02日(05月16日)05月02日 05月09日
06月06月06日(06月19日)06月06日 06月13日
07月07月04日(07月18日)07月04日 07月11日
08月08月01日-08月01日 08月08日
09月09月05日(09月18日)09月05日 TBA
10月10月02日(10月17日)10月02日 TBA
11月11月07日(11月21日)11月07日 TBA
12月12月05日(12月18日)12月05日 TBA
2014年
01月01月09日 01月09日 TBA
  
Source: European Central Bank (ECB) Web Site  
 

注) 「TBA」 は たかの友梨 のエステ・サロンではなく、「to be announced (発表が未定のため後日記載) 」ということです。
   エステ・サロンは「TBC」でした ww



* 欧州中央銀行 (ECB) の理事会は、原則第1 木曜日と第 3木曜日の月 2回開催される。しかしながら第 3木曜日の
  理事会においては、政策決定の討議がなされないため、カッコ書きで表している。
  通常はドイツ・フランクフルトにあるECB本社での開催となるが、年 2回はそれ以外の欧州連合加盟国での開催となり、
  今年 (2013年) の理事会のうち 2月5日はスロバキア共和国のブラティスラバ市、、また5月2日の理事会は、
  フランス・パリでの開催が予定されている。 なおフランクフルト以外での開催は、毎年変更になる。


* ECB理事会での金融政策決定会合は、ドラギECB総裁を筆頭に 1名の副総裁、4名の専務理事とユーロ加盟 17カ国の代表各 1名、
   合計 23名で構成されているがユーロ非加盟国 10名の参加もありメンバーの総数は合計 33名と大所帯。
   時としてその時の金融政策の決定においては、激論となる場合もあるようだ。


* 政策金利の変更は 0.1 bp (0.1 %) ずつ変更するのではなく 、最低1/4 bp (25 bp = 0.25 %) を変更することにより、金融市場の調整を図っている。
 

  なお政策金利には 、
    ① 貸し出し上限金利
    ② マージナル金利
    ③ 預金金利 (一般市中銀行が 資金をECBに預ける金利)
 
   一般的に公表されるのは、②のマージナル・レートが政策金利として発表される。

   ①上限貸出金利は、②のマージナル・レート プラス 75 bp、一方の下限金利である ③預金金利は、②のマージナル・レート
   マイナス 75 bpとなっており、1999年にECBが設立されて以来この金利幅は変わっていない。
    そのため2012年12月の理事会において、さらなる金利引き下げ議論が出たものの、(当時マージナル・レートは 0.75 %)
    これ以上の金融緩和を行うと③の預金金利がマイナス金利となってしまうため、ECB総裁を始め
    主要メンバーの反対によって結局据え置きとなった経緯があった。
  



テヘペロ  ← 今年の流行語大賞になれませんでした。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。