いつまでも夢追い人 鮮魚ポルシェ

** ニコ生放送: http://com.nicovideo.jp/community/co411585   ** Twitter https://twitter.com/sengyoporsche

Tokyo Time
.     
FX初心者の入門講座
Calendar
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

_Sengyo Porsche

Author:_Sengyo Porsche
何処まで続けられるか判りませんが
為替市場を熟知していらっしゃる
方から今後取り組もうと計画されて
いる方々まで、誰もが参加できる
ブログになればと思っています。

Categorize
New Article
New TrackBacks
Monthly Archives
Links
FC2 Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR Code
QRコード
TOP > スポンサー広告 > 11月 20日の つぶやきさん  (仁義なき戦い)TOP > 英国経済・財政問題、BOEなど > 11月 20日の つぶやきさん  (仁義なき戦い)

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月 20日の つぶやきさん  (仁義なき戦い)   2009.11.23

.
.



支障をきたすと行けませんので、今日は予測ポイント無き つぶやきさんとの
たわいもない会話から。 文末最後に、短い一言です
その前にすでに皆さんご承知だとは思いますが、下記のニュースから。



昨日 11月 22日は 日にちのゴロ合わせで、「 いい夫婦の日 」 だったようですね。
えっ、そんな日に 「 仁義なき戦い 」 というタイトル ? 

「 想像するに鮮魚の家庭は、ヨメさんが すりこぎ持って、鮮魚は 鍋ぶたで防戦に
走る毎日を今から書くのか ? 」 との声も多いかと思いますが、そのとおりです。
いゃ、そうではなくて.....

さーっ、英国の一企業に対する攻防戦が、白熱してきたようです。



すでに日経新聞その他メディアで報じられていて新鮮味に欠けるとは思いますが、
以前 11月13日の つぶやきさんコラムでご紹介した米国クラフト社による、英国
キャドバリー社の敵対的買収。 これになんともう一つの菓子メーカー、チョコレート・
ブランドで有名な米国ハーシー社とイタリア・フェレロ社が結託して、まもなく
クラフト社の買収価格を上回る金額でキャドバリー社に対して買収案を持ちかける
予定とのこと。

なんか複数の企業が入り交じり始めましたので、ここで各社の著名製品を。
これを見れば少し企業イメージがわくのではないかと思います。


* まず買収の標的となっている、英国 キャドバリー社の製品
   (どこかで目にしたことがありませんか ? )

091122_Cadbury_2

091122_Cadbury



* 続いて最初に買収提案を持ちかけた、米国 クラフト社の製品  
   (その辺のスーパーにも、これら製品は置いてありますよね)

091122_Kraft_2

091122_Kraft_3



* 今回買収提案の持ちかけを計画している、米国 ハーシー社の製品  (そう、定番のチョコレートです)

091122_Hershey_2




* さらにハーシー社と共同で買収に加わろうとしているイタリア・フェレロ社のチョコ
   (日本ではあまり有名ではありませんが、デパートなどで目に付きます)

091122_Ferrero



それでは現在の世界の菓子業界におけるシェアは、どのようになっているのでしょうか。
こちらが各菓子メーカーの世界シェア・グラフ ↓ です。


20091122_Conf_Share



01位  マース社     ( Mars )    m & m のチョコレートが有名ですね。 
                           一見 「陳謝マーク」 に見えるところが、また愛し。 
                           スニッカーも定番チョコレートです。

091122_Hershey



02位  キャドバリー社  ( Cadbury )  リカルデント・ガムも、同社製造です。
03位  ネスレ社      ( Nestle )   キットカットのチョコの製造会社であると初めて認識。
                           「 ポン円トレードに、きっと勝つぞ ! 」
                           えっ、「 変なポジションをきっとカット 」 ですって ?
                           止めてくれおー。

091122_KitKat



04位  ハーシー社     ( Hershey )  こちらの著名製品は、クロレッツですね。
05位  クラフト社      ( Kraft )    チーズにおいては負けません。
06位  フェレロ社      ( Ferrero )  棒グラフには乗っていませんが、今回ハーシー社と
                            共同で、キャドバリー社買収に参加する計画。



しつこくなりますが、こちらのキャンディの販売シェア ↓ だけを見てみても、上記トップ 5の菓子メーカーの
地位は、クラフト社を除き、揺るぎないものになっています。 クラフト社自身が菓子業界に
本格的に参入しょうとする意気込みが、このあたりにも表れていると思われます。

091122_Candy_Share



(日本人がそれほど太っていないのは、上記シェアの中に本邦メーカーが一社も
入っていないところからも判明できると思います。 どうした、うまい棒 を製造している
「リスカ株式会社」 と販売している「株式会社 やおぎん」。 是非頑張って欲しいものです)

091122_Umai



世界第一位のマース社は置いておくとして、菓子業界の 02位~06位のメーカーが
争奪戦を始めたのですから、結構な騒動事に発展しそうな予感。 
題して、「 菓子業界の、仁義なき戦い 」。


各メーカのお菓子の写真ばかり載せてきましたが、現在の状況はどうなっているのでしょう。

ハーシー社はフェレロ社とタッグを組み、クラフト社がすでに提示している 162億ドルの買収
金額 ( 98億ポンド ) を上回る、 170億ドル( 約 1兆 5,300億円 ) の金額で、
キャドバリー社の買収を検討。
ただ両社ともまだ正式表明には至っていませんが、ハーシー社は投資銀行などを通じ、
一般ファンドや年金資金などの協力を取り付けに走っていると見られています。
まさに菓子業界の m&m ならぬ M&A が始まろうとしている夜明け前といったところでしょうか。


ただ現在キャドバリー社はクラフト社の買収提案を拒否しており、クラフト社は敵対的買収を
宣言。 一方キャドバリー社とハーシー社は、数ブランドのチョコ製造などに対しすでに
提携を結んでいることもあり、もし実現すれば逆転ゲームとなる可能性が高いかも知れません。
下記グラフ ↓ は、当初市場が予測していたキャドバリー社とクラフト社が合併した場合の
シェア変貌見通し
ですが、今後どのような形になろうと世界第一位の菓子メーカーが
誕生することは、間違いなさそうです。


091122_Reuters




恐らく買収に絡む資金の大半は、一般銀行や投資銀行からの借入資金となりそうですが、
主に米国企業による英国企業の買収ということになりますので、ポンドにとっては決して
悪いニュースではないと思います。

今後の成り行きに注目ですね。


(資料引用 : Reuters, Financial Times, Bloomberg, 日経新聞 他)


+++++++++++++


という上記話題を、週末土曜日の朝に つぶやきさんと延々と語っていました。 
なにをしゃべっていたかというと、クロレッツの風味はリステリンに似ているだとか、
カナッペに用いるのはリッツのビスケットより、クラコットのクラッカーの方が合っている
などという たわいもない話ばかりで約 30分の時間の浪費。 電話代は向こう持ちなので、
少しも気にしていない どケチの鮮魚は睡眠不足でヘロヘロ会話。


上記買収の影響はポンドに対して直ぐには出ないものの、市場が材料不足に陥った時に
蒸し返されることはやぶさかでないとのこと。 特にポンドが下げ局面に入ったとき、
サポート要因としてひょっこりと現れる可能性があるので、頭の隅に置いておいた方が
良いだろうとのことでした。


土曜日は今週の展望なども話し合いましたが、つぶやきさんは ちよっと気になることを
ほざいてました。
「イングランド銀行の議事録発表以来、一般ファンドや短期投資ファンドからポンドの
利益確定売りが見え始めている。 ただし大量ではない。 またマーケットでは
反映しにくいものの、ポンドの PUT 買いがそこそこ目立ち始めたと聞いている 」 と
申しておりました。   


今日はお菓子の話題になったことを、スマソです。


この記事はガード下に書いてあった落書を、そのまま書き写しました。 


.
.

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。