FC2ブログ

いつまでも夢追い人 鮮魚ポルシェ

** ニコ生放送: http://com.nicovideo.jp/community/co411585   ** Twitter https://twitter.com/sengyoporsche

Tokyo Time
.     
FX初心者の入門講座
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

_Sengyo Porsche

Author:_Sengyo Porsche
何処まで続けられるか判りませんが
為替市場を熟知していらっしゃる
方から今後取り組もうと計画されて
いる方々まで、誰もが参加できる
ブログになればと思っています。

Categorize
New Article
New TrackBacks
Monthly Archives
Links
FC2 Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS
QR Code
QRコード
TOP > スポンサー広告 > 余裕を持ちながら、移動平均線だけでトレードTOP > FX投資における留意点 > 余裕を持ちながら、移動平均線だけでトレード

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余裕を持ちながら、移動平均線だけでトレード   2010.07.25


.
.
先週は欧州域内銀行のストレステスト公表を控え、ユーロはもちろんのこと、ポンドも
週前半は軟調、金曜日に爆上げを見せました。 ポン円もまだまだレンジ内に
収まっているとはいえほぼ一日かけての上昇において、「移動平均線だけチャート」を
使ったディールでちょっと楽しんでみました。 
このようなチャートをすでにご利用の方も多いでしょうが、改めてご紹介です。


さてお時間に余裕のある方は、まず下のチャートをクリックしてみて下さい。
線も引かない非常にシンプルな移動平均線と RSIを表示しただけのスクリーンです。
(クリック拡大)


20100725_Ch



このポン円 15分足チャートに表示しているものは、
* ZigZag (イエロー)
* RSI  
*  05 EMA (レッド)
*  20 EMA (ブルー)
*  45 EMA (グリーン)
* 200 EMA (ホワイト)
* 1200 EMA (ピンク)
のみで、ローソク足チャートは消しています。


先週金曜日の上昇マーケットで悲しいかな通常のディ・トレでは途中で見事に
罠にはまってしまい結果は良くなかったのですが、実はそれと平行して少額ロットを
少し長目に保有するつもりで、ちょっとした遊び心を持って買っておきました。


木曜日までポン円はしつこい円買いと平行し、ダラダラと下落のトレンドを形成。
RSIも30を突っかける場面が結構ありましたが、全ての移動平均線(EMA)は下を
向いたままでした。

ところが木曜日の午後、ポン円がぐっと下がって最安値である130.82を付けたとき、
RSIは 30を割れその直後から反転。 同様に5EMAと20EMAがゴールデン・
クロスをし、45EMAを下から突き破りました。
そう、マーケットがほぼ反転し上昇トレンドに入ったと思われる兆候が現れたことも
あり、ポン円に131.82円で買い約定。 恐らくこれから 45EMAもしくは200EMAを
下値に反発しながらしばらく上昇していくのではないかと。
結果は予測通りの動きとなり、45もしくは200EMAを下値にポン円は上昇
トレンドを形成し、現在に至ります。 またロング・ポジションは今でも保有中。


ちょっと長目にロング・ポジションを持とうと思ったとき、このようにローソク足を使わず、
移動平均線だけを表示したチャートを使うメリットがあります。

* ZigZagはその時の最高値と最安値を表示するのみなので、その場における
  マーケットの変化によって一時的に大きな陽線や陰線を出すローソク足を無視し、
  ある程度の放置プレイが出来る。
* 移動平均線のみの表示は、マーケットのトレンドが読みやすく、上昇している
  マーケットの時、20EMAが45EMAを大きく割り込むことがない限り、安心して
  ロングを保有することが出来る。
* 瞬時の判断で売り買いをする必要がないため、「頭と尻尾はマーケットにくれてやらぁ」の
  余裕が出来る。

もちろんスキャルにも充分応用することが出来ます。 
如何ですか、今使っていらっしゃるチャートにもう一つ移動平均線だけを表示した
ページを作り、平行して参考にするというのも結構役立ちますよ。 特にマーケットの
トレンドを計るには一番視覚に訴えてくるチャートかも知れません。

ご参考まで。

.
.

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。